日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中田賢に4年総額10億円約束…問われるソフトBの「眼力」

「ソフトバンクの条件が良すぎるとは思うが……」

 某球団の関係者がこう言った。中日からFA宣言し、ソフトバンク入りが決定した中田賢一(31)のことだ。

 ソフトバンクは4年契約を提示。出来高を加えると最大で10億円に達する大型契約となった。今季年俸は7000万円だから、破格の待遇といえる。

 中田を巡っては、阪神も4年契約、ヤクルトも4年5億円プラス出来高といわれる条件を提示したとみられている。中田と交渉したこの3球団に加え、巨人、楽天なども水面下で調査をしており、今オフにFA宣言した選手の中で最も人気が高かった選手といえる。

 一方、フラれた中日は、中田がFA宣言した際、「こちらとしては絶対に必要な戦力。条件を伝えているし、ドラゴンズに残ってくれると信じて待つ」(西山球団代表)としていたが、冒頭の関係者は声を潜め、「中日の条件が一番下だったかもしれない」と言って、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事