中田賢に4年総額10億円約束…問われるソフトBの「眼力」

公開日: 更新日:

「ソフトバンクの条件が良すぎるとは思うが……」

 某球団の関係者がこう言った。中日からFA宣言し、ソフトバンク入りが決定した中田賢一(31)のことだ。

 ソフトバンクは4年契約を提示。出来高を加えると最大で10億円に達する大型契約となった。今季年俸は7000万円だから、破格の待遇といえる。

 中田を巡っては、阪神も4年契約、ヤクルトも4年5億円プラス出来高といわれる条件を提示したとみられている。中田と交渉したこの3球団に加え、巨人、楽天なども水面下で調査をしており、今オフにFA宣言した選手の中で最も人気が高かった選手といえる。

 一方、フラれた中日は、中田がFA宣言した際、「こちらとしては絶対に必要な戦力。条件を伝えているし、ドラゴンズに残ってくれると信じて待つ」(西山球団代表)としていたが、冒頭の関係者は声を潜め、「中日の条件が一番下だったかもしれない」と言って、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る