ヘボが一転…日ハム中田の三塁守備に首脳陣「基礎は完璧」

公開日: 更新日:

 かつてのヘボ内野手がキャンプで見違えるような動きを見せている。今季から三塁にコンバートされた日本ハム中田翔(24)。昨季は左翼手として、ベストナインを受賞。11、12年は2年連続リーグ最多補殺をマークし、12年の9併殺はプロ野球記録だ。

 複数のポジションを守れた方がいいに決まっているとはいえ、そもそも外野の“名手”を三塁にコンバートするのはなぜか。ある日ハムOBは「球団の判断のようです」と、こう言った。

「日ハムとしては中田に今後10年間、4番を打って欲しい。長く現役をやってもらうためにも、負担の少ない内野に固定したいようです。外野は守備範囲が広い分、足腰への負担も大きいですからね。三塁手の小谷野がケガがちという事情もあるけど、打線の柱としての期待がそれだけ大きいと聞いています」

■紅白戦ではポロリ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  6. 6

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  7. 7

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  8. 8

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

  9. 9

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る