ヘボが一転…日ハム中田の三塁守備に首脳陣「基礎は完璧」

公開日: 更新日:

 かつてのヘボ内野手がキャンプで見違えるような動きを見せている。今季から三塁にコンバートされた日本ハム中田翔(24)。昨季は左翼手として、ベストナインを受賞。11、12年は2年連続リーグ最多補殺をマークし、12年の9併殺はプロ野球記録だ。

 複数のポジションを守れた方がいいに決まっているとはいえ、そもそも外野の“名手”を三塁にコンバートするのはなぜか。ある日ハムOBは「球団の判断のようです」と、こう言った。

「日ハムとしては中田に今後10年間、4番を打って欲しい。長く現役をやってもらうためにも、負担の少ない内野に固定したいようです。外野は守備範囲が広い分、足腰への負担も大きいですからね。三塁手の小谷野がケガがちという事情もあるけど、打線の柱としての期待がそれだけ大きいと聞いています」

■紅白戦ではポロリ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

もっと見る