日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヘボが一転…日ハム中田の三塁守備に首脳陣「基礎は完璧」

 かつてのヘボ内野手がキャンプで見違えるような動きを見せている。今季から三塁にコンバートされた日本ハムの中田翔(24)。昨季は左翼手として、ベストナインを受賞。11、12年は2年連続リーグ最多補殺をマークし、12年の9併殺はプロ野球記録だ。

 複数のポジションを守れた方がいいに決まっているとはいえ、そもそも外野の“名手”を三塁にコンバートするのはなぜか。ある日ハムOBは「球団の判断のようです」と、こう言った。

「日ハムとしては中田に今後10年間、4番を打って欲しい。長く現役をやってもらうためにも、負担の少ない内野に固定したいようです。外野は守備範囲が広い分、足腰への負担も大きいですからね。三塁手の小谷野がケガがちという事情もあるけど、打線の柱としての期待がそれだけ大きいと聞いています」

■紅白戦ではポロリ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事