ヘボが一転…日ハム中田の三塁守備に首脳陣「基礎は完璧」

公開日: 更新日:

 かつてのヘボ内野手がキャンプで見違えるような動きを見せている。今季から三塁にコンバートされた日本ハムの中田翔(24)。昨季は左翼手として、ベストナインを受賞。11、12年は2年連続リーグ最多補殺をマークし、12年の9併殺はプロ野球記録だ。

 複数のポジションを守れた方がいいに決まっているとはいえ、そもそも外野の“名手”を三塁にコンバートするのはなぜか。ある日ハムOBは「球団の判断のようです」と、こう言った。

「日ハムとしては中田に今後10年間、4番を打って欲しい。長く現役をやってもらうためにも、負担の少ない内野に固定したいようです。外野は守備範囲が広い分、足腰への負担も大きいですからね。三塁手の小谷野がケガがちという事情もあるけど、打線の柱としての期待がそれだけ大きいと聞いています」

■紅白戦ではポロリ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る