まるで巨人の引退会見…日ハム選手になれなかった二岡

公開日:  更新日:

「あんな穏やかな笑顔は初めて見た……」
 日本ハムの担当記者も思わず驚いたほどだった。
 9日に引退を発表した二岡智宏(37)。昨年10月に戦力外通告を受け、その後はどこからも声がかからず、「引退を決めたのは年末の球団の仕事納め。ここまで(他球団から誘いが)なかったのだから辞めようと思った」と話した。

 女性タレントとの不倫スキャンダルが騒がれた08年のオフに巨人を放出されて、日ハムに電撃トレード。09年からの5年間は代打の切り札として活躍した。
 温かく迎えてくれた新天地の北海道にすっかり馴染んでいたかと思えばしかし、二岡の口を突くのは巨人のことばかり。

「他の選手に引退の相談や報告? 巨人の先輩方は『お疲れさま』と連絡してくれました」
「巨人の先輩方は偉大な方ばかり。辞めるという時に、みなさん連絡してきてくれたのがありがたいというかうれしかった。清原さんからは『(引退会見で)泣けよ』とメールが来ました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る