まるで巨人の引退会見…日ハム選手になれなかった二岡

公開日:  更新日:

「あんな穏やかな笑顔は初めて見た……」
 日本ハムの担当記者も思わず驚いたほどだった。
 9日に引退を発表した二岡智宏(37)。昨年10月に戦力外通告を受け、その後はどこからも声がかからず、「引退を決めたのは年末の球団の仕事納め。ここまで(他球団から誘いが)なかったのだから辞めようと思った」と話した。

 女性タレントとの不倫スキャンダルが騒がれた08年のオフに巨人を放出されて、日ハムに電撃トレード。09年からの5年間は代打の切り札として活躍した。
 温かく迎えてくれた新天地の北海道にすっかり馴染んでいたかと思えばしかし、二岡の口を突くのは巨人のことばかり。

「他の選手に引退の相談や報告? 巨人の先輩方は『お疲れさま』と連絡してくれました」
「巨人の先輩方は偉大な方ばかり。辞めるという時に、みなさん連絡してきてくれたのがありがたいというかうれしかった。清原さんからは『(引退会見で)泣けよ』とメールが来ました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る