• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まるで巨人の引退会見…日ハム選手になれなかった二岡

「あんな穏やかな笑顔は初めて見た……」
 日本ハムの担当記者も思わず驚いたほどだった。
 9日に引退を発表した二岡智宏(37)。昨年10月に戦力外通告を受け、その後はどこからも声がかからず、「引退を決めたのは年末の球団の仕事納め。ここまで(他球団から誘いが)なかったのだから辞めようと思った」と話した。

 女性タレントとの不倫スキャンダルが騒がれた08年のオフに巨人を放出されて、日ハムに電撃トレード。09年からの5年間は代打の切り札として活躍した。
 温かく迎えてくれた新天地の北海道にすっかり馴染んでいたかと思えばしかし、二岡の口を突くのは巨人のことばかり。

「他の選手に引退の相談や報告? 巨人の先輩方は『お疲れさま』と連絡してくれました」
「巨人の先輩方は偉大な方ばかり。辞めるという時に、みなさん連絡してきてくれたのがありがたいというかうれしかった。清原さんからは『(引退会見で)泣けよ』とメールが来ました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る