日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フィギュア金メダル“裏取引説” 露ペアの完璧演技で現実味

 日本時間13日早朝、フィギュア・ペアが行われ、ロシアが1、2位を独占。2013年世界選手権優勝のボロソジャル、トランコフ組が王者に輝いた。ジャンプで手を着くというミスを犯したが、これをものともせず圧倒的な得点で、2位に20点近く差をつけた。

 これでロシアのフィギュア競技での金メダルは団体と合わせて2つ目。圧倒的な強さを見せる一方で、「やっぱりあの話は本当なんじゃないか」というヒソヒソ話が会場で広がっている。ロシアと米国の裏取引疑惑のことだ。

 アイスダンスで初の金メダルを米国に譲る代わりに、ロシアが団体とペアで金メダルを獲得するよう、採点操作を行うとフランスのスポーツ紙「レキップ」が報じられている。この報道を両国は真っ向から否定したが、噂通りロシアが団体に続いてペアでも金となり、裏取引の信憑(しんぴょう)性が高まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事