フィギュア金メダル“裏取引説” 露ペアの完璧演技で現実味

公開日: 更新日:

 日本時間13日早朝、フィギュア・ペアが行われ、ロシアが1、2位を独占。2013年世界選手権優勝のボロソジャル、トランコフ組が王者に輝いた。ジャンプで手を着くというミスを犯したが、これをものともせず圧倒的な得点で、2位に20点近く差をつけた。

 これでロシアのフィギュア競技での金メダルは団体と合わせて2つ目。圧倒的な強さを見せる一方で、「やっぱりあの話は本当なんじゃないか」というヒソヒソ話が会場で広がっている。ロシアと米国の裏取引疑惑のことだ。

 アイスダンスで初の金メダルを米国に譲る代わりに、ロシアが団体とペアで金メダルを獲得するよう、採点操作を行うとフランスのスポーツ紙「レキップ」が報じられている。この報道を両国は真っ向から否定したが、噂通りロシアが団体に続いてペアでも金となり、裏取引の信憑(しんぴょう)性が高まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る