フィギュア金メダル“裏取引説” 露ペアの完璧演技で現実味

公開日:  更新日:

 日本時間13日早朝、フィギュア・ペアが行われ、ロシアが1、2位を独占。2013年世界選手権優勝のボロソジャル、トランコフ組が王者に輝いた。ジャンプで手を着くというミスを犯したが、これをものともせず圧倒的な得点で、2位に20点近く差をつけた。

 これでロシアのフィギュア競技での金メダルは団体と合わせて2つ目。圧倒的な強さを見せる一方で、「やっぱりあの話は本当なんじゃないか」というヒソヒソ話が会場で広がっている。ロシアと米国の裏取引疑惑のことだ。

 アイスダンスで初の金メダルを米国に譲る代わりに、ロシアが団体とペアで金メダルを獲得するよう、採点操作を行うとフランスのスポーツ紙「レキップ」が報じられている。この報道を両国は真っ向から否定したが、噂通りロシアが団体に続いてペアでも金となり、裏取引の信憑(しんぴょう)性が高まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る