羽生トップも…団体戦浮沈の鍵握る姉弟アイスダンスの実力

公開日: 更新日:

 新種目のフィギュアスケート団体戦初日は男子とペアのショートプログラム(SP)が行われた。男子の最後に登場した羽生結弦(19)は4回転トーループにトリプルアクセル、出場選手でただひとり演技後半に3回転の連続ジャンプを跳び97.98の高得点をマーク。3度の五輪メダルを手にしているプルシェンコ(2位=ロシア.31)や世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(3位=カナダ.23)を抑えての1位となった。

「すごい緊張しました。ですけど、今できることをしっかり頑張れたと思うので、今日は単純に喜びたいと思う。チームに10ポイント、という思いで演技をしていたわけではないですが、なるべくチームに貢献できるように精いっぱいの演技はできたかなと思う」(羽生)

 ソチに入っても好調を持続させている羽生は、14日未明から始まる個人戦でも、プルシェンコやパトリック・チャンと金メダルを争うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  10. 10

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

もっと見る