羽生トップも…団体戦浮沈の鍵握る姉弟アイスダンスの実力

公開日:  更新日:

 新種目のフィギュアスケート団体戦初日は男子とペアのショートプログラム(SP)が行われた。男子の最後に登場した羽生結弦(19)は4回転トーループにトリプルアクセル、出場選手でただひとり演技後半に3回転の連続ジャンプを跳び97.98の高得点をマーク。3度の五輪メダルを手にしているプルシェンコ(2位=ロシア.31)や世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(3位=カナダ.23)を抑えての1位となった。

「すごい緊張しました。ですけど、今できることをしっかり頑張れたと思うので、今日は単純に喜びたいと思う。チームに10ポイント、という思いで演技をしていたわけではないですが、なるべくチームに貢献できるように精いっぱいの演技はできたかなと思う」(羽生)

 ソチに入っても好調を持続させている羽生は、14日未明から始まる個人戦でも、プルシェンコやパトリック・チャンと金メダルを争うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る