カナダ、米国2強変わらず 女子アイスホッケー消滅危機

公開日: 更新日:

 すでに1次リーグ敗退が決まっている日本代表が「もしかしたら勝てるかもしれない」という淡い夢も砕けてドイツ相手に0―4で完敗。3連敗で5位以下を決める順位決定戦に回る。

 このまま1勝もできずに最下位(8位)に終わるのは十分に予想されるが、「出ることに意義がある」では済まされない。五輪での女子アイスホッケーの存続問題にかかっているからだ。

 バンクーバー五輪では金・カナダ、銀・米国の2カ国がレベルの違いを見せ付けただけに、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長(当時)が除外も検討すると発言した。これに慌てた国際アイスホッケー連盟(IIHF)は今回、試合方式を改め、世界ランクの上位と下位でグループ分けして1次リーグを行った。実力が拮抗しているチーム同士が1次リーグを戦ったので、ドイツ―日本戦を除けば僅差の試合ばかり。IIHFの改革は一応の成果を見せているとはいえ、油断できない。

 IOCはアイスホッケーの盛んな地域が北米や北欧に偏り、アジアなどに普及していないことを問題視しているからだ。

 せっかく自力で五輪出場権をつかんだ日本代表だが、夏季大会の野球・ソフトボールのように除外されたら、次回の韓国・平昌五輪が最後になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  7. 7

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  8. 8

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

もっと見る