カナダ、米国2強変わらず 女子アイスホッケー消滅危機

公開日:  更新日:

 すでに1次リーグ敗退が決まっている日本代表が「もしかしたら勝てるかもしれない」という淡い夢も砕けてドイツ相手に0―4で完敗。3連敗で5位以下を決める順位決定戦に回る。

 このまま1勝もできずに最下位(8位)に終わるのは十分に予想されるが、「出ることに意義がある」では済まされない。五輪での女子アイスホッケーの存続問題にかかっているからだ。

 バンクーバー五輪では金・カナダ、銀・米国の2カ国がレベルの違いを見せ付けただけに、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長(当時)が除外も検討すると発言した。これに慌てた国際アイスホッケー連盟(IIHF)は今回、試合方式を改め、世界ランクの上位と下位でグループ分けして1次リーグを行った。実力が拮抗しているチーム同士が1次リーグを戦ったので、ドイツ―日本戦を除けば僅差の試合ばかり。IIHFの改革は一応の成果を見せているとはいえ、油断できない。

 IOCはアイスホッケーの盛んな地域が北米や北欧に偏り、アジアなどに普及していないことを問題視しているからだ。

 せっかく自力で五輪出場権をつかんだ日本代表だが、夏季大会の野球・ソフトボールのように除外されたら、次回の韓国・平昌五輪が最後になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る