カナダ、米国2強変わらず 女子アイスホッケー消滅危機

公開日:  更新日:

 すでに1次リーグ敗退が決まっている日本代表が「もしかしたら勝てるかもしれない」という淡い夢も砕けてドイツ相手に0―4で完敗。3連敗で5位以下を決める順位決定戦に回る。

 このまま1勝もできずに最下位(8位)に終わるのは十分に予想されるが、「出ることに意義がある」では済まされない。五輪での女子アイスホッケーの存続問題にかかっているからだ。

 バンクーバー五輪では金・カナダ、銀・米国の2カ国がレベルの違いを見せ付けただけに、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長(当時)が除外も検討すると発言した。これに慌てた国際アイスホッケー連盟(IIHF)は今回、試合方式を改め、世界ランクの上位と下位でグループ分けして1次リーグを行った。実力が拮抗しているチーム同士が1次リーグを戦ったので、ドイツ―日本戦を除けば僅差の試合ばかり。IIHFの改革は一応の成果を見せているとはいえ、油断できない。

 IOCはアイスホッケーの盛んな地域が北米や北欧に偏り、アジアなどに普及していないことを問題視しているからだ。

 せっかく自力で五輪出場権をつかんだ日本代表だが、夏季大会の野球・ソフトボールのように除外されたら、次回の韓国・平昌五輪が最後になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る