女子アイスホッケー ロシア戦敗北決めた疑惑の「ノーゴール」

公開日:  更新日:

 そこまで露骨にやるか。日本代表は1次リーグ2戦目で地元ロシアと対戦。日本が1―2で競り負けて決勝トーナメント進出を逃した。その試合でレフェリーがロシアに“肩入れ”したのだ。

 1点ビハインドで迎えた第1ピリオド18分すぎ、浮田留衣(17)がこぼれ球を押し込んだパックは相手GKの背中の下へ。ゴールラインを完全に割ったのは国際映像にもバッチリ映っていたが、主審のニコル・ハートリック(ドイツ)の判定は「ノーゴール」。日本の抗議で線審も交えて協議したものの、判定は覆らなかった。

 公式ルールではゴールジャッジに関して「得点に関する論争の最終決定はレフェリーが下すものとする」とある。ビデオ判定は、レフェリーか各ゴールに1人ずつ配置されたゴールジャッジが競技役員に要請した場合に限り行われる。日本側の猛抗議にも、ハートリック主審と2人のゴールジャッジはビデオ判定すらしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る