女子アイスホッケー ロシア戦敗北決めた疑惑の「ノーゴール」

公開日:  更新日:

 そこまで露骨にやるか。日本代表は1次リーグ2戦目で地元ロシアと対戦。日本が1―2で競り負けて決勝トーナメント進出を逃した。その試合でレフェリーがロシアに“肩入れ”したのだ。

 1点ビハインドで迎えた第1ピリオド18分すぎ、浮田留衣(17)がこぼれ球を押し込んだパックは相手GKの背中の下へ。ゴールラインを完全に割ったのは国際映像にもバッチリ映っていたが、主審のニコル・ハートリック(ドイツ)の判定は「ノーゴール」。日本の抗議で線審も交えて協議したものの、判定は覆らなかった。

 公式ルールではゴールジャッジに関して「得点に関する論争の最終決定はレフェリーが下すものとする」とある。ビデオ判定は、レフェリーか各ゴールに1人ずつ配置されたゴールジャッジが競技役員に要請した場合に限り行われる。日本側の猛抗議にも、ハートリック主審と2人のゴールジャッジはビデオ判定すらしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る