女子アイスホッケー ロシア戦敗北決めた疑惑の「ノーゴール」

公開日: 更新日:

 そこまで露骨にやるか。日本代表は1次リーグ2戦目で地元ロシアと対戦。日本が1―2で競り負けて決勝トーナメント進出を逃した。その試合でレフェリーがロシアに“肩入れ”したのだ。

 1点ビハインドで迎えた第1ピリオド18分すぎ、浮田留衣(17)がこぼれ球を押し込んだパックは相手GKの背中の下へ。ゴールラインを完全に割ったのは国際映像にもバッチリ映っていたが、主審のニコル・ハートリック(ドイツ)の判定は「ノーゴール」。日本の抗議で線審も交えて協議したものの、判定は覆らなかった。

 公式ルールではゴールジャッジに関して「得点に関する論争の最終決定はレフェリーが下すものとする」とある。ビデオ判定は、レフェリーか各ゴールに1人ずつ配置されたゴールジャッジが競技役員に要請した場合に限り行われる。日本側の猛抗議にも、ハートリック主審と2人のゴールジャッジはビデオ判定すらしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る