アイスホッケー女子 ソチで怖い欧米勢のボディーチェック

公開日:  更新日:

「目標はチームが一つになってメダルを取ること。チームに勢いが出るようなプレーをしたい」

 ソチ五輪女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」の大沢ちほ主将(21)が、メダル取りを誓った。

 4日、本大会に出場する21人のメンバーが発表され、98年長野五輪も経験した近藤陽子(34)、高校2年生の浮田留衣(17)らが名を連ねた。
11月に行われた親善試合の5カ国対抗戦では、かつて世界選手権で3位になったスイス相手に大金星を挙げただけに、飯塚祐司監督は「メダル圏内に来ていると思う」と手応えを口にしたが、ブッ千切りの最下位候補だ。

 五輪では通常の女子アイスホッケーの試合で禁止されているボディーチェックに対して、レフェリーが甘く見る傾向がある。激しいボディーチェックに遭えば、欧米の選手に体格で劣る日本人選手は圧倒される。

 大沢は「笑顔の絶えないチームなので、それが強み」とは言うものの、2月9日に行われる初戦のスウェーデン戦で、スマイルジャパンの選手から笑顔が消えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る