日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

格上チェコに連勝 本場スカウトも狙う「スマイルジャパン」

 ソチ五輪本番を前に調子を上げてきた。女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」は30日(現地時間)、合宿地のチェコ・トジェモシュナで同国代表と強化試合第2戦を行い、FW中村亜実(26)、山根朋恵(27)がゴールを決めて2―1で勝利。世界ランク9位(日本は10位)と格上相手に連勝で2月9日の予選リーグ初戦のスウェーデン戦に弾みを付けた。

 女子アイスホッケーが自力で五輪に出場するのは今回が初めて(98年長野五輪は開催国枠)。世界ランキングは出場8チームの中で最下位ながら、その評価はアイスホッケーの本場であるカナダやロシアで急上昇している。男子に比べて女子は世界でも競技人口が少ないこともあり、五輪は選手の力量を測る絶好の場だ。ソチには地元ロシアやカナダの女子ホッケーリーグのスカウトが各国の選手を視察に訪れる予定だ。スカウトの視察リストにはFWで主将を務める大沢ちほ(21)、DF鈴木世奈(22)ら日本の選手も含まれているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事