鉄腕に異変…巨人・山口「左肩に脱力感」の深刻度

公開日: 更新日:

 すでにウワサはされていた。巨人の中継ぎエース・山口鉄也(30)が、左肩の検査を受けるために一時帰京したのだ。

 沖縄での2次キャンプがスタートした15日以降、ブルペンでの投球練習を行っておらず、チーム内でも「何かあったんじゃないか」「ヤバイらしい」と心配されていたが、案の定だった。

 球団によれば、山口は数日前から左肩に脱力感があったといい、この日は大事を取って途中で練習を切り上げた。在阪球団元チーフトレーナーが言う。

「痛みではなく、脱力感というのが気になる。考えられるのは、筋肉組織の炎症、腱板の損傷、関節唇の損傷の3つ。いずれも、それらの故障のサインとして、最初に脱力感やだるさを感じるケースが多い。中でも厄介なのが関節唇の損傷で、日本ハム斎藤佑樹はこれで昨年1年を棒に振った。山口は6年連続で60試合に投げている。そもそも、今まで故障がなかったのが奇跡でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  6. 6

    【Q】このまま一生、女性と縁のない人生に耐えられない

  7. 7

    予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る