星野監督の「酷使」が気がかり…心配される楽天・則本の肩とヒジ

公開日:  更新日:

「アイツは何も言わずに頑張っちゃう性格ですからね……」
 日本シリーズ進出が決まった直後、楽天のチーム関係者が不安そうに囁いた。

 則本昂大(22)は1年目の今季、先発投手としてフル稼働。公式戦でリーグ2位タイとなる15勝をマーク。ロッテとのCSファイナルステージでも第2戦では9回1失点(11奪三振)の好投を見せると、21日の第4戦でも中2日で救援マウンドに登り、150キロ台の速球を連発。八回の1イニングをピシャリと抑えた。

 こうなると気になるのが指揮官の「酷使」だ。

 星野監督は中日の監督時代、春季キャンプから150キロを超える剛速球をバンバン投げ込む新人の与田剛氏(評論家)に惚れこみ守護神に指名。1年目から50試合に起用すると、与田氏も期待に応え、新人では史上最多となる31セーブを挙げ、新人王と最優秀救援投手賞を獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る