日ハム・斎藤佑700万円減更改 「戦力外通告」カウントダウン

公開日: 更新日:

「今年の1年間があったから、野球が長くできたというふうにしたいですね」
 日本ハム斎藤佑樹(25)がこの日、札幌市内の球団事務所で契約を更改。700万円ダウンの年俸2800万円でサインし、来季への抱負を語った。

 3年目の今季は、右肩痛で1試合に登板しただけ。それも五回途中、6失点KOだった。肩の不安は完全に消えたとはいえ、だから結果がついてくるとは限らない。球団は斎藤にとって重要なのは、結果より投球内容と考えているそうだ。

■内容次第では来オフ放出も

 来季はプロ4年目。これまであった「ドラフト1位」のシード権はすでに失った。

 右肩を怖がらずに、しっかりと腕を振れているか。球速ではなく、球のキレは戻ったか。生命線のスライダーは打者に近い位置で鋭く曲がっているか。以前より制球力は上がったか。

 さまざまなチェックポイントで合格点を与えられるならばともかく、そうでなければ来季限りでのトレードもあるという。交換で欲しがる球団がなければ、いきなり「戦力外通告」を受けるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る