• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム・斎藤佑700万円減更改 「戦力外通告」カウントダウン

「今年の1年間があったから、野球が長くできたというふうにしたいですね」
 日本ハムの斎藤佑樹(25)がこの日、札幌市内の球団事務所で契約を更改。700万円ダウンの年俸2800万円でサインし、来季への抱負を語った。

 3年目の今季は、右肩痛で1試合に登板しただけ。それも五回途中、6失点KOだった。肩の不安は完全に消えたとはいえ、だから結果がついてくるとは限らない。球団は斎藤にとって重要なのは、結果より投球内容と考えているそうだ。

■内容次第では来オフ放出も

 来季はプロ4年目。これまであった「ドラフト1位」のシード権はすでに失った。

 右肩を怖がらずに、しっかりと腕を振れているか。球速ではなく、球のキレは戻ったか。生命線のスライダーは打者に近い位置で鋭く曲がっているか。以前より制球力は上がったか。

 さまざまなチェックポイントで合格点を与えられるならばともかく、そうでなければ来季限りでのトレードもあるという。交換で欲しがる球団がなければ、いきなり「戦力外通告」を受けるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る