日ハム・斎藤佑700万円減更改 「戦力外通告」カウントダウン

公開日: 更新日:

「今年の1年間があったから、野球が長くできたというふうにしたいですね」
 日本ハムの斎藤佑樹(25)がこの日、札幌市内の球団事務所で契約を更改。700万円ダウンの年俸2800万円でサインし、来季への抱負を語った。

 3年目の今季は、右肩痛で1試合に登板しただけ。それも五回途中、6失点KOだった。肩の不安は完全に消えたとはいえ、だから結果がついてくるとは限らない。球団は斎藤にとって重要なのは、結果より投球内容と考えているそうだ。

■内容次第では来オフ放出も

 来季はプロ4年目。これまであった「ドラフト1位」のシード権はすでに失った。

 右肩を怖がらずに、しっかりと腕を振れているか。球速ではなく、球のキレは戻ったか。生命線のスライダーは打者に近い位置で鋭く曲がっているか。以前より制球力は上がったか。

 さまざまなチェックポイントで合格点を与えられるならばともかく、そうでなければ来季限りでのトレードもあるという。交換で欲しがる球団がなければ、いきなり「戦力外通告」を受けるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る