広告界が熱視線 “長谷部似”ノルディック渡部暁斗の好感度

公開日:  更新日:

 ノルディック男子複合ノーマルヒル銀メダルの渡部暁斗(25)。ラージヒルは前半のジャンプで4位。クロスカントリーはトップと33秒差でスタートした。1周2.5キロが終わると6位ながらトップと2秒差。最終周に入った直後だった。下り坂の左コーナー手前で転倒。必死にトップ集団を追い掛けたが、6位フィニッシュに終わった。

 男子フィギュアの羽生結弦(19)のように「転んでもメダル」というワケにはいかなかったが、すでに手にしている銀メダルで渡部の好感度はぐんぐんアップ。顔立ちや立ち居振る舞いが「サッカー日本代表主将、長谷部誠にソックリ」も相乗効果となり、広告業界など各方面から熱い視線を送られている。

「ややもすると優等生的ではあるが、長谷部と同じように自分の思いを上手に言葉にして伝えるセンスがある。ビジュアル的にも顔の輪郭や目元が似ており、すでに広告代理店やスポーツ選手を抱えるプロダクションが、契約獲得に動き始めていると聞いています」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る