• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広告界が熱視線 “長谷部似”ノルディック渡部暁斗の好感度

 ノルディック男子複合ノーマルヒル銀メダルの渡部暁斗(25)。ラージヒルは前半のジャンプで4位。クロスカントリーはトップと33秒差でスタートした。1周2.5キロが終わると6位ながらトップと2秒差。最終周に入った直後だった。下り坂の左コーナー手前で転倒。必死にトップ集団を追い掛けたが、6位フィニッシュに終わった。

 男子フィギュアの羽生結弦(19)のように「転んでもメダル」というワケにはいかなかったが、すでに手にしている銀メダルで渡部の好感度はぐんぐんアップ。顔立ちや立ち居振る舞いが「サッカー日本代表主将、長谷部誠にソックリ」も相乗効果となり、広告業界など各方面から熱い視線を送られている。

「ややもすると優等生的ではあるが、長谷部と同じように自分の思いを上手に言葉にして伝えるセンスがある。ビジュアル的にも顔の輪郭や目元が似ており、すでに広告代理店やスポーツ選手を抱えるプロダクションが、契約獲得に動き始めていると聞いています」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る