広告界が熱視線 “長谷部似”ノルディック渡部暁斗の好感度

公開日:  更新日:

 ノルディック男子複合ノーマルヒル銀メダルの渡部暁斗(25)。ラージヒルは前半のジャンプで4位。クロスカントリーはトップと33秒差でスタートした。1周2.5キロが終わると6位ながらトップと2秒差。最終周に入った直後だった。下り坂の左コーナー手前で転倒。必死にトップ集団を追い掛けたが、6位フィニッシュに終わった。

 男子フィギュアの羽生結弦(19)のように「転んでもメダル」というワケにはいかなかったが、すでに手にしている銀メダルで渡部の好感度はぐんぐんアップ。顔立ちや立ち居振る舞いが「サッカー日本代表主将、長谷部誠にソックリ」も相乗効果となり、広告業界など各方面から熱い視線を送られている。

「ややもすると優等生的ではあるが、長谷部と同じように自分の思いを上手に言葉にして伝えるセンスがある。ビジュアル的にも顔の輪郭や目元が似ており、すでに広告代理店やスポーツ選手を抱えるプロダクションが、契約獲得に動き始めていると聞いています」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

もっと見る