ザッケローニが頭を抱える代表主将・長谷部の“疫病神”ぶり

公開日:  更新日:

 日本代表主将の長谷部誠(30)。ボランチとして体を張って相手ボールを奪い、機を見て相手ゴールに迫っていく。性格は生真面目。代表選手の誰もが認める“主将タイプ”である。その長谷部が代表放逐の危機に瀕している。

 長谷部は先月14日、スペインキャンプ中のテストマッチで左膝半月板を損傷。全治1カ月の診断が下って16日に帰国。翌17日、都内の病院で手術を受けた。「退院した後は元所属浦和の常勤医が開業したクリニックなどでリハビリを予定」(サッカージャーナリスト)という。

「今回のケガが発端ですが、ザッケローニ監督はここ1年、長谷部の衰えを実感して見切りをつけるタイミングを計っていた。選手としての能力低下もさることながら、長谷部の<疫病神ぶり>も気になって仕方ないのです」(前出のジャーナリスト)

 長谷部は今季ブンデスリーガ開幕直前、序盤勝ち星なしのニュルンベルクに移籍。日本代表FW清武弘嗣(24)とのコンビで勝ち点量産を期待されていた。しかし前半戦最終節まで全14試合に出場しながら1勝も挙げられず、長谷部が戦線離脱して1月25日に後半戦が始まると4―0、3―1と一気に2連勝である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る