「投手優先」の日ハム大谷 毎日使える野手の方がお得?

公開日: 更新日:

 日本ハムの二刀流ルーキーが、早くも地元ファンの度肝を抜いた。

 本拠地・札幌ドームで行われた4日の巨人戦。「3番・左翼」でスタメン出場した2年目の大谷(19)が、第1打席にいきなりバックスクリーン左へ特大ホームランを叩き込んだ。

 続く2打席目は右翼線二塁打。三回にはクッションボールを冷静にさばき、左翼フェンス直撃打を打った村田を二塁で補殺。守備でも魅せた。

 今季の大谷は投手優先。高校時代に160キロを投げた右腕に魅力がないとは言わないが、先発投手は週に1度しか出番がない。一方、野手なら毎日客を呼べる。この日の特大弾を見た営業担当は、栗山監督に再考を促すかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る