中日のメンバー構成に影響…悩ましい高橋周平のドン底不調

公開日:  更新日:

 中日の高橋周平(20)といえば、11年ドラフト1位で入団した高卒3年目。今季は遊撃レギュラー候補として谷繁監督の期待も大きいが、結果がついてこない。

 9日の楽天戦(倉敷)は2打数無安打。練習試合からスタメン起用され続けているものの、打率はこれで.105。

 キャンプから猛練習をし、休日返上で振り込んだにもかかわらずだ。
 中日は投打で着々とメンバー構成が固まってきている。セットアッパー浅尾の離脱は痛いが、懸案事項だった先発は、倉敷での2連戦で、大野、カブレラ、山井の3本柱が揃って順調な仕上がり。岡田、山内に加えて、ベテランの山本昌、川上も控えており、頭数は揃いそうだ。野手は、ルナに比べて守備力が上の森野が一塁に入り、ルナは三塁へ。二塁、中堅、右翼のポジション争いも激しい。

「高橋にメドがつけば、4人の外国人枠もスッキリする。投手はカブレラ、パヤノ、野手はルナ、ゴメスでいける。ただ、高橋がダメなら、エルナンデスを遊撃で使う必要が出てくる。貴重な存在である中継ぎ左腕のパヤノか、パワー十分のゴメスが二軍で飼い殺しになります」(中日OB)

 キャンプ見学に来ていた高橋の母・玉寄さんは、「正月に実家に帰った時、(高橋が)『今年は打つほうで結果を出したい』と話していた」と言う。開幕までまだ3週間ある。約束を果たすべく、ドン底から這い上がれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る