今度は右ひじ…中日・浅尾を壊した日本球界の“悪しき体質”

公開日:  更新日:

 中日に衝撃が走った。6日、セットアッパーの浅尾拓也(29)が右肘関節内側側副靭帯を損傷していたことが、病院での精密検査で判明した。キャンプ中から、古傷を抱える右肩の状態が思わしくなく、これが肘にも影響したとみられている。

「12年に右肩を故障した浅尾は、右肩に負担がかからないフォームを模索していた。ただ落合監督時代、常に優勝争いをするチームで大事なポジションを任されてきた勤続疲労もあるはず。しかも、責任感と負けん気が人一倍強いから、疲労を抱えつつもイニングまたぎや酷使に耐えていた。首脳陣の間では、肩の負担軽減を考慮して一時は先発転向も検討されたようだが、右肘は新たな故障箇所。長期離脱も覚悟が必要でしょう」(中日OBの評論家・藤波行雄氏)

 もっとも、今回の浅尾の故障は、個人的な問題にとどまらないのではないか。プロ野球の歴史を紐解けば、才能に恵まれながら若くして故障し、ユニホームを脱がざるを得なかった投手はゴマンといる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る