中日・小笠原道大が振り返る「天国と地獄」の巨人時代

公開日: 更新日:

 巨人からFA宣言し、自身3球団目となる中日に移籍。07年から4年連続で打率3割、30本塁打を達成した巨人ではしかし、11年からの3年間はドン底を経験した。昨季はわずか22試合出場で、打率.250、1本塁打、8打点に終わった。

 連日、特打で神経を研ぎ澄まして振り込む。21日のシート打撃では岩瀬から本塁打を放ち、23日のオープン戦でも安打を放った。かつての姿を取り戻すべく汗をかく小笠原に、巨人時代のことを中心に話を聞いた。

■打てない、使われないで辛酸をなめたが

――巨人からFA宣言し、中日に移籍した最大の理由は何だったのですか?

「入団会見で言ったことが全てですね。もう一度自分を見つめ直す上で、慣れた環境でやるか、厳しい道にあえて行くかを考えて。選手としてプレーするのはもちろん大事だけど、環境を変えて、視野を広げられたらと。野球もそうだし、もっと多くの人たちと接したり。まあ、もうあの時のことはうろ覚えになってますけどね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  2. 2

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  3. 3

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  4. 4

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    【Q】このまま一生、女性と縁のない人生に耐えられない

  7. 7

    予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る