中日・小笠原道大が振り返る「天国と地獄」の巨人時代

公開日:  更新日:

 巨人からFA宣言し、自身3球団目となる中日に移籍。07年から4年連続で打率3割、30本塁打を達成した巨人ではしかし、11年からの3年間はドン底を経験した。昨季はわずか22試合出場で、打率.250、1本塁打、8打点に終わった。

 連日、特打で神経を研ぎ澄まして振り込む。21日のシート打撃では岩瀬から本塁打を放ち、23日のオープン戦でも安打を放った。かつての姿を取り戻すべく汗をかく小笠原に、巨人時代のことを中心に話を聞いた。

■打てない、使われないで辛酸をなめたが

――巨人からFA宣言し、中日に移籍した最大の理由は何だったのですか?

「入団会見で言ったことが全てですね。もう一度自分を見つめ直す上で、慣れた環境でやるか、厳しい道にあえて行くかを考えて。選手としてプレーするのはもちろん大事だけど、環境を変えて、視野を広げられたらと。野球もそうだし、もっと多くの人たちと接したり。まあ、もうあの時のことはうろ覚えになってますけどね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る