• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

落合GMも「嫌な投手」 中日・又吉に“右打者キラー”の期待

 期待の「ドラ2」が鮮烈な本拠地デビューだ。
 2日のDeNA戦。又吉克樹(23=四国IL香川)が四回2死満塁、打席に4番のブランコという場面で登板を告げられた。大砲助っ人に対し、2―2から直球勝負を挑んで右飛に打ち取ると、続く五回も3者凡退。1回3分の1を無安打で抑え、「実績のある打者にああいう場面で投げさせてもらい、ありがたいです」と喜んだ。

 又吉のフォームは変則型。横手から腕が遅れて出るため、右打者にはタイミングが取りづらいといわれる。シーズンではこの特異なフォームを生かし、特に外国人打者封じのワンポイントとして期待されている。試合前、ブランコとの対決について「期待されているなら、それをしないと立場はなくなる」とマジメに話していた又吉。開幕後を想定した谷繁監督の起用に見事に応えた。

 キャンプでは新人の洗礼を受けた。初日、「投球時の右足の使い方がボーク気味」という首脳陣からの指摘を受け、矯正に取り組んだ。右投手ながら一塁寄りだったプレートの立ち位置についても、「プレートの両端を使え」と指示を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る