巨人“絶対リリーバー”山口の復帰に胸をなで下ろした2選手

公開日:  更新日:

「生命線」が開幕に間に合った。
 左肩の炎症で出遅れていた山口鉄也(30)が11日、DeNAとの二軍戦で実戦初登板。打者4人を無安打1四球2奪三振。最速は145キロだった。

 6年連続60試合登板の鉄腕がキャンプ中に「左肩の脱力感」を訴え、緊急帰京した時、チームに衝撃が走った。首脳陣に「阿部以上に代わりがいない存在」といわれる絶対的セットアッパーだけに、これで原監督も一安心。中でも手を叩いて喜んでいるのは、西村健太朗(28)だろう。

 昨季球団記録の42セーブを挙げ、初のタイトルを獲得。それでも絶対的な存在ではないと自覚していた。昨季中、西村はこう漏らしていた。

「ボクはまだ守護神だと思っていない。セーブがついているのは、その前にマシソンと山口さんが、ただ抑えるだけじゃなく、相手の戦意を喪失させてくれるから。九回のマウンドに立つとそれがよく分かる。ボクは最後に出ていっているだけ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る