巨人“絶対リリーバー”山口の復帰に胸をなで下ろした2選手

公開日: 更新日:

 勝利の方程式は3人でセット。山口が欠けようものなら、昨季のようにセーブを量産できないかもしれないから、西村にとっては死活問題なのだ。

■宮国はインフルでダウン

 もうひとり喜んでいるのは、右肩を痛めて二軍調整中の沢村拓一(25)だ。昨季後半に中継ぎを務め、シーズン終了後に原監督と話し合った。そこで先発への強いこだわりを直訴。「沢村の考えている投手の形になっていると判断したら先発ローテーションに入れる」と条件付きながら、指揮官から先発復帰の約束を取り付けていた。

 チーム関係者は「原監督はいずれ沢村を抑えにするという構想をまだ諦めていない。もし山口がいなければ昨年同様、沢村を救援陣に組み込む可能性が高かった。ただ、監督は『まだ野球選手じゃない。2月1日も迎えていない』と、いまだ二軍調整中で開幕絶望の沢村に対し、いら立ちを隠していない。もう先発とか中継ぎとか言っている立場ではないのに、本人は焦らずに肩を完治させてから一軍のローテに入るつもりみたい。ノンキといえばノンキですが……」と言う。

 巨人はこの日、先発ローテ入りが濃厚だった宮国がインフルエンザと診断されたと発表した。山口の復帰は巨人にとって朗報だが、沢村が復帰しても、ローテに入れるかはまた別問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る