日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人の最激戦区 「一塁レギュラー」に急浮上する意外な名前

「まだレギュラーだって決まっていない」
 巨人の原監督は今年は全ポジションでの「競争」をあおっている。4日の日本ハム戦で新加入の井端弘和(38)が「2番・遊撃」で初めて守備に就いてのスタメン出場。初回の打席で左ヒジに死球を食らって退場した。この井端と不動の遊撃手だった坂本とのレギュラー争いに注目が集まっているのだが、「最激戦区」は別にある。一塁だ。現状では昨季打率.303のロペスが1番手。それでも、安泰な立場ではない。他のポジションから人がどんどん流れてくるからだ。

 まずは外野の新助っ人・アンダーソン。キャンプ中から「あの肩と足では外野はきつい。本当は一塁をやらせたいんだけどロペスがいるしね」と首脳陣を困らせていた。ここにきて本格的に一塁の練習を開始。WBCキューバ代表では正一塁手。打撃の状態が上向いてきただけに、ロペスとの競争に発展するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事