• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人の最激戦区 「一塁レギュラー」に急浮上する意外な名前

「まだレギュラーだって決まっていない」
 巨人の原監督は今年は全ポジションでの「競争」をあおっている。4日の日本ハム戦で新加入の井端弘和(38)が「2番・遊撃」で初めて守備に就いてのスタメン出場。初回の打席で左ヒジに死球を食らって退場した。この井端と不動の遊撃手だった坂本とのレギュラー争いに注目が集まっているのだが、「最激戦区」は別にある。一塁だ。現状では昨季打率.303のロペスが1番手。それでも、安泰な立場ではない。他のポジションから人がどんどん流れてくるからだ。

 まずは外野の新助っ人・アンダーソン。キャンプ中から「あの肩と足では外野はきつい。本当は一塁をやらせたいんだけどロペスがいるしね」と首脳陣を困らせていた。ここにきて本格的に一塁の練習を開始。WBCキューバ代表では正一塁手。打撃の状態が上向いてきただけに、ロペスとの競争に発展するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る