巨人の最激戦区 「一塁レギュラー」に急浮上する意外な名前

公開日: 更新日:

「まだレギュラーだって決まっていない」
 巨人の原監督は今年は全ポジションでの「競争」をあおっている。4日の日本ハム戦で新加入の井端弘和(38)が「2番・遊撃」で初めて守備に就いてのスタメン出場。初回の打席で左ヒジに死球を食らって退場した。この井端と不動の遊撃手だった坂本とのレギュラー争いに注目が集まっているのだが、「最激戦区」は別にある。一塁だ。現状では昨季打率.303のロペスが1番手。それでも、安泰な立場ではない。他のポジションから人がどんどん流れてくるからだ。

 まずは外野の新助っ人・アンダーソン。キャンプ中から「あの肩と足では外野はきつい。本当は一塁をやらせたいんだけどロペスがいるしね」と首脳陣を困らせていた。ここにきて本格的に一塁の練習を開始。WBCキューバ代表では正一塁手。打撃の状態が上向いてきただけに、ロペスとの競争に発展するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る