巨人の最激戦区 「一塁レギュラー」に急浮上する意外な名前

公開日:  更新日:

「まだレギュラーだって決まっていない」
 巨人の原監督は今年は全ポジションでの「競争」をあおっている。4日の日本ハム戦で新加入の井端弘和(38)が「2番・遊撃」で初めて守備に就いてのスタメン出場。初回の打席で左ヒジに死球を食らって退場した。この井端と不動の遊撃手だった坂本とのレギュラー争いに注目が集まっているのだが、「最激戦区」は別にある。一塁だ。現状では昨季打率.303のロペスが1番手。それでも、安泰な立場ではない。他のポジションから人がどんどん流れてくるからだ。

 まずは外野の新助っ人・アンダーソン。キャンプ中から「あの肩と足では外野はきつい。本当は一塁をやらせたいんだけどロペスがいるしね」と首脳陣を困らせていた。ここにきて本格的に一塁の練習を開始。WBCキューバ代表では正一塁手。打撃の状態が上向いてきただけに、ロペスとの競争に発展するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る