片岡、井端と争う巨人・坂本 「レギュラー落ちの危機感」を語る

公開日:  更新日:

 昨年は打率.265、12本塁打、54打点。一時は打順が7番まで落ち、終盤はスタメンを外されることもあった。19歳で巨人遊撃のレギュラーを獲得してから6年。足首の故障などもあり、個人的には「最悪」のシーズンだった。オフには原監督の強い要望で、ポジションのかぶる片岡(31)と井端(38)を獲得。指揮官は不動だった坂本のレギュラーを「白紙」と言っている。尻に火がついた坂本を直撃した。

■「故障でヒザ上が2センチも細くなった」

――今年のキャンプは最後まで残って特打を行うなど、原監督やコーチ、報道陣が「去年より相当多く練習している」と感心した。

「それは大きな勘違いです(笑い)。全然変えてないっすもん、練習量。特守がちょっと多く入ったくらいで、打撃の量は全然変わっていない。もともと、練習は長い方だったんで。意識して変えるほど多くなってません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る