日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

片岡、井端と争う巨人・坂本 「レギュラー落ちの危機感」を語る

 昨年は打率.265、12本塁打、54打点。一時は打順が7番まで落ち、終盤はスタメンを外されることもあった。19歳で巨人遊撃のレギュラーを獲得してから6年。足首の故障などもあり、個人的には「最悪」のシーズンだった。オフには原監督の強い要望で、ポジションのかぶる片岡(31)と井端(38)を獲得。指揮官は不動だった坂本のレギュラーを「白紙」と言っている。尻に火がついた坂本を直撃した。

■「故障でヒザ上が2センチも細くなった」

――今年のキャンプは最後まで残って特打を行うなど、原監督やコーチ、報道陣が「去年より相当多く練習している」と感心した。

「それは大きな勘違いです(笑い)。全然変えてないっすもん、練習量。特守がちょっと多く入ったくらいで、打撃の量は全然変わっていない。もともと、練習は長い方だったんで。意識して変えるほど多くなってません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事