• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

片岡、井端と争う巨人・坂本 「レギュラー落ちの危機感」を語る

 昨年は打率.265、12本塁打、54打点。一時は打順が7番まで落ち、終盤はスタメンを外されることもあった。19歳で巨人遊撃のレギュラーを獲得してから6年。足首の故障などもあり、個人的には「最悪」のシーズンだった。オフには原監督の強い要望で、ポジションのかぶる片岡(31)と井端(38)を獲得。指揮官は不動だった坂本のレギュラーを「白紙」と言っている。尻に火がついた坂本を直撃した。

■「故障でヒザ上が2センチも細くなった」

――今年のキャンプは最後まで残って特打を行うなど、原監督やコーチ、報道陣が「去年より相当多く練習している」と感心した。

「それは大きな勘違いです(笑い)。全然変えてないっすもん、練習量。特守がちょっと多く入ったくらいで、打撃の量は全然変わっていない。もともと、練習は長い方だったんで。意識して変えるほど多くなってません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る