• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

下半身に不安 巨人・大竹に言葉のみ込ませた原監督の怒声

 巨人の故障禍が止まらない。

 広島からFA移籍した大竹寛(30)が下半身の張りで8日のオリックス戦の先発を回避したことから、チームに不安が広がっている。
 深刻なのは投手陣だ。先発ローテーション候補だった沢村と今村が肩痛でキャンプ序盤に早々と離脱。いまだに二軍調整中の沢村に至っては開幕も絶望な状況だ。

 エースの内海は打球を受けてのケガだったが、菅野も杉内も背中と腰の違和感から調整のペースが狂った時期がある。救援の山口は肩を痛め、やっとこの日(7日)、シート打撃に登板した状態。原監督がキャンプ初日からハイペース調整を促したことで、投手を中心に故障者が続出している。

 そんな中、大竹はピンピンしていた。10年の右肩痛以降、キャンプ初日にブルペンに入ったことはない。しかし、今年は移籍初年度ということもあり、初日からブルペン投球。というより、合同自主トレ2日目の1月29日にはすでにブルペン入りしていた。異例の前倒し調整で好調ぶりをアピールすることに成功。「キャンプMVP」や「先発ローテの核」の声もあったが、大竹本人と主将の阿部は早い段階で危うさに気付いていた。第1クール終了時、大竹はこう漏らしていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る