菅野とシ烈争いも…巨人・内海が「開幕投手」より欲しいモノ

公開日: 更新日:

 どっちが開幕か。巨人内海哲也(31)が9日の阪神戦で4回を1安打1失点(自責0)。味方の失策が絡んで先制されたものの、二回以降はパーフェクトだった。

 8日に5回無失点と好投した2年目の菅野智之(24)との開幕投手争いについては「それに合わせてやっている」とエースのプライドを見せた。

 原監督も「まだ決めていない。15日くらいになる」と明言こそ避けたものの、甥っ子でもある「菅野にもう決めている」と言う関係者もいる。そうなれば、「開幕を狙う」と公言してきた内海にとってはショックに違いない。

 昨季はともに13勝。内海は実績で上回るものの、松井臨時コーチで話題だった今キャンプでは菅野の後塵(こうじん)を拝した。菅野と並んでブルペンで投げていたにもかかわらず、ゴジラが打席に入ったのは菅野の方。「うらやましかったなあ~」とこの時は苦笑いするしかなかった。今でこそエースだが、下積み時代が長かったこともあり、最多勝利のタイトルを2度取った後でさえ、「監督に認めてもらいたいんです」と漏らしたことがある。菅野と絡むようにゴジラに依頼したのはその原監督といわれる。うらやましかったのはゴジラうんぬんより、指揮官の期待度だったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  7. 7

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  8. 8

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  9. 9

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

  10. 10

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

もっと見る