キム・ヨナ五輪連覇を阻んだフィギュア審判団は全員“真っ黒”

公開日: 更新日:

 やっぱり、韓国は腰を上げた。ソチ五輪でソトニコワ(ロシア)に敗れて連覇を逃したキム・ヨナの採点に疑問をもつ韓国の大韓体育会と大韓スケート連盟は21日、「国際スケート連盟(ISU)の懲戒委員会に提訴する」と発表した。

 今回の提訴は採点に対してではなく、審判団についてだ。これまでも指摘されてきたことだが、ソチ五輪女子フィギュアのフリーを担当した9人の審判の中には、ロシアのフィギュアスケート協会会長夫人や98年長野大会でスコアを改ざんし、1年間の活動停止処分になったウクライナの審判らが含まれていた。「テクニカルパネル」と呼ばれる技術審判の最高責任者も、ロシアのフィギュア協会の元幹部だった。

■地元協会幹部にスコア改ざんの過去

 さらに、審判団に入っていたエストニアとフランスの両国は、02年ソルトレーク大会でロシアと組んでアイスダンスとペアのスコアを改ざんした過去がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る