日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キム・ヨナ五輪連覇を阻んだフィギュア審判団は全員“真っ黒”

 やっぱり、韓国は腰を上げた。ソチ五輪でソトニコワ(ロシア)に敗れて連覇を逃したキム・ヨナの採点に疑問をもつ韓国の大韓体育会と大韓スケート連盟は21日、「国際スケート連盟(ISU)の懲戒委員会に提訴する」と発表した。

 今回の提訴は採点に対してではなく、審判団についてだ。これまでも指摘されてきたことだが、ソチ五輪女子フィギュアのフリーを担当した9人の審判の中には、ロシアのフィギュアスケート協会会長夫人や98年長野大会でスコアを改ざんし、1年間の活動停止処分になったウクライナの審判らが含まれていた。「テクニカルパネル」と呼ばれる技術審判の最高責任者も、ロシアのフィギュア協会の元幹部だった。

■地元協会幹部にスコア改ざんの過去

 さらに、審判団に入っていたエストニアとフランスの両国は、02年ソルトレーク大会でロシアと組んでアイスダンスとペアのスコアを改ざんした過去がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事