日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大逆転負けでも“饒舌”…中畑監督のヘボ采配にファン嘆き節

「新加入の投手はいるにはいるけど、今年も巨人戦は打ち合いになるでしょう。ウチは打ち勝つしかないと思う」

 開幕前、DeNAの川村投手コーチはこう漏らしていた。それがこの日、現実となった。

 2日の巨人戦。DeNAは八回が始まる前の時点で5点リード。ファンも「きょうこそ勝てる」と思ったはずだ。

 ところが、中畑監督(60)は5番手で新人の平田を投入。ここから試合が暗転した。平田は打者5人に対して3安打1死球で4点を献上。巨人打線に火をつけると、6番手の山口も勢いを止められず、6失点と炎上。この回だけで10失点、終わってみれば大逆転負けだ。

■スタンドから「辞めちまえー!」のヤジ

 中畑監督は試合後、報道陣に質問される前に自ら切り出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事