日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人に善戦のDeNA 上位キープならオイシイ“ご褒美”も…

「悔しいけど、高い野球のレベルで戦えたという手応えがある」

 DeNAの本拠地開幕戦。1点差で競り負けたが、試合後の中畑監督は充実感を漂わせた。

 下馬評では圧倒的な優勝候補の巨人に最後まで粘りを見せた。先発の久保が7回1失点の力投。六回にはそれまで10打席無安打と絶不調だった主将・石川に代打を送るなど執念も見せた。スタンドを埋め尽くしたDeNAファンは、試合終了まで応援に声をからした。

「本拠地開幕戦は今年1年を占う大一番」

 試合前、ある首脳陣はこう言っていた。1月のキャンプ直前ミーティングで中畑監督は、「本拠地開幕の巨人3連戦には何が何でも勝ち越したい」と首脳陣やスタッフに告げている。

■地上波中継が増える可能性も

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事