• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

基本に忠実…巨人打線対策はDeNA久保の投球がお手本

 延長十回、5番・ロペスの決勝弾で試合が決まったものの、それまでの巨人打線は1点を取るのにきゅうきゅうとしていた。

 阪神からFA移籍したDeNA先発・久保康友(33)が降板した七回まで、6安打1得点。勝ち負けはつかなかったが、開幕3戦で47安打27得点と阪神投手陣をメッタメタにした強力打線が、初回に1点を奪ったきりだった。

「他球団はこの日の久保の投球を手本にするべきですね」と言うのは、評論家の高橋善正氏だ。

 久保には「超高速」と称されるクイックという武器がある。この日もそれを駆使し、巨人打者の間合いを外した。

「それも効果があったかもしれないが、もっと投手として基本的なこと。徹底して外角低めに投げたことですよ。どんなに技術、道具が進歩しても今もって『投手の基本はアウトロー』といわれるのは、そこが最も安打になりにくいから。いくら巨人打線といえど、外角低めにきっちりと投げられたら、そうは安打が続かない。月並みだけど、これしかないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る