基本に忠実…巨人打線対策はDeNA久保の投球がお手本

公開日:  更新日:

 延長十回、5番・ロペスの決勝弾で試合が決まったものの、それまでの巨人打線は1点を取るのにきゅうきゅうとしていた。

 阪神からFA移籍したDeNA先発・久保康友(33)が降板した七回まで、6安打1得点。勝ち負けはつかなかったが、開幕3戦で47安打27得点と阪神投手陣をメッタメタにした強力打線が、初回に1点を奪ったきりだった。

「他球団はこの日の久保の投球を手本にするべきですね」と言うのは、評論家の高橋善正氏だ。

 久保には「超高速」と称されるクイックという武器がある。この日もそれを駆使し、巨人打者の間合いを外した。

「それも効果があったかもしれないが、もっと投手として基本的なこと。徹底して外角低めに投げたことですよ。どんなに技術、道具が進歩しても今もって『投手の基本はアウトロー』といわれるのは、そこが最も安打になりにくいから。いくら巨人打線といえど、外角低めにきっちりと投げられたら、そうは安打が続かない。月並みだけど、これしかないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る