西武開幕3連敗 「采配が理解できない」とOB山崎裕之氏

公開日: 更新日:

 早くもチーム崩壊か。
 西武は30日の楽天戦に負け、開幕カード3連敗。所沢に移転した79年に開幕12連敗して以来、35年ぶりの不名誉な記録となった。この日は4番浅村に1号ソロが出たものの、わずか3安打。3試合でわずか4得点と、スタート早々に貧打にあえいでいる。

 今季はオフに就任した伊原監督主導の下、2月のキャンプは実戦より練習主体。近年はキャンプ第1クールから実戦を行う球団も珍しくない中、初実戦はキャンプ打ち上げ前日とあって、「これで大丈夫か?」と不安を抱える選手も多かった。

 もっとも、西武の敗因は他球団と比べて調整が遅れているからだけではない。西武OBの山崎裕之氏(評論家)は「理解できない采配が多い」と、こう話す。

「例えば初回、1死一塁の場面で、一ゴロを捕球した木村の二塁悪送球。内容は凡ミスですが、そもそも木村は、昨年投手からコンバートされた外野手。練習でもほとんど一塁を守っていない。そんな選手を一塁で起用するのは無理がある。木村といえば、29日の試合での盗塁死も解せない。3点ビハインドの七回無死から、ベンチは四球で出塁した先頭打者の木村を走らせた。1点差の終盤でイチかバチかの場面ではない。走らせた根拠がまるでわかりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    GoTo予算1兆円は“死に金” それでも菅首相が撤回しない理由

  7. 7

    東京五輪ゴリ押し開催は金のため…菅総理には中止こそ悪夢

  8. 8

    邪な思惑があるとしか思えない菅首相の東京五輪への固執

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

もっと見る