西武開幕3連敗 「采配が理解できない」とOB山崎裕之氏

公開日:  更新日:

 早くもチーム崩壊か。
 西武は30日の楽天戦に負け、開幕カード3連敗。所沢に移転した79年に開幕12連敗して以来、35年ぶりの不名誉な記録となった。この日は4番浅村に1号ソロが出たものの、わずか3安打。3試合でわずか4得点と、スタート早々に貧打にあえいでいる。

 今季はオフに就任した伊原監督主導の下、2月のキャンプは実戦より練習主体。近年はキャンプ第1クールから実戦を行う球団も珍しくない中、初実戦はキャンプ打ち上げ前日とあって、「これで大丈夫か?」と不安を抱える選手も多かった。

 もっとも、西武の敗因は他球団と比べて調整が遅れているからだけではない。西武OBの山崎裕之氏(評論家)は「理解できない采配が多い」と、こう話す。

「例えば初回、1死一塁の場面で、一ゴロを捕球した木村の二塁悪送球。内容は凡ミスですが、そもそも木村は、昨年投手からコンバートされた外野手。練習でもほとんど一塁を守っていない。そんな選手を一塁で起用するのは無理がある。木村といえば、29日の試合での盗塁死も解せない。3点ビハインドの七回無死から、ベンチは四球で出塁した先頭打者の木村を走らせた。1点差の終盤でイチかバチかの場面ではない。走らせた根拠がまるでわかりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る