• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤ軍右腕ピネダの「不正投球」退場でマー君、黒田とばっちり

 ヤンキース・黒田、田中の同僚右腕が、不正投球で退場処分を食らった。

 インチキがバレたのは今季から先発ローテーション入りしたマイケル・ピネダ(25)。先発した23日(日本時間24日)のレッドソックス戦の二回2死走者なしの場面で、敵将ファレル監督が抗議。球審がマウンド上のピネダのグラブやユニホームなどを点検すると、首の右側に松やにとみられる茶色い異物が確認され、退場を宣告した。

 ピネダは10日のレッドソックス戦(ヤンキースタジアム)に登板した際、ボストンのテレビ局が右手のひらが異物で汚れていると報道。試合後に不正投球の疑惑が持ち上がった。本人は松やになどの使用を否定していたが、今回は証拠を押さえられただけに、ペナルティーは避けられない。大リーグの公式規則によると、投球時に異物を使用したと判断された場合、10試合の出場停止処分が科される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る