• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤ軍右腕ピネダの「不正投球」退場でマー君、黒田とばっちり

 ヤンキース・黒田、田中の同僚右腕が、不正投球で退場処分を食らった。

 インチキがバレたのは今季から先発ローテーション入りしたマイケル・ピネダ(25)。先発した23日(日本時間24日)のレッドソックス戦の二回2死走者なしの場面で、敵将ファレル監督が抗議。球審がマウンド上のピネダのグラブやユニホームなどを点検すると、首の右側に松やにとみられる茶色い異物が確認され、退場を宣告した。

 ピネダは10日のレッドソックス戦(ヤンキースタジアム)に登板した際、ボストンのテレビ局が右手のひらが異物で汚れていると報道。試合後に不正投球の疑惑が持ち上がった。本人は松やになどの使用を否定していたが、今回は証拠を押さえられただけに、ペナルティーは避けられない。大リーグの公式規則によると、投球時に異物を使用したと判断された場合、10試合の出場停止処分が科される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る