• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君を狙うサイン小僧とブロンド美女…ヤ軍が警備員増検討

 メジャーでは選手のサインを売るやからが後を絶たない。
 連中は手に入れたサインボールを高値で売りさばく。例えばA・ロッドがヤンキース入りした04年の春先は、サインボール1個が約10万円で取引されたという。

 選手のサインを闇で売って儲けようというのだから、もちろん堅気ではない。しかし、だからといって、見るからにガラの悪そうなのが近づけば選手も警戒する。いつのころからか、彼らは胸が半分くらいはだけたブロンド美女や子供を使うようになった。中でも多いのが子供を使う手口で、選手や関係者は彼らを「サイン小僧」と呼んで警戒する。

 去る16日(日本時間17日)、田中将大(25)が本拠地ニューヨークでの初勝利を挙げてからというもの、サイン小僧の数は急激に膨れ上がった。彼らの多くは、田中目当てだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る