マー君を狙うサイン小僧とブロンド美女…ヤ軍が警備員増検討

公開日: 更新日:

 メジャーでは選手のサインを売るやからが後を絶たない。
 連中は手に入れたサインボールを高値で売りさばく。例えばA・ロッドがヤンキース入りした04年の春先は、サインボール1個が約10万円で取引されたという。

 選手のサインを闇で売って儲けようというのだから、もちろん堅気ではない。しかし、だからといって、見るからにガラの悪そうなのが近づけば選手も警戒する。いつのころからか、彼らは胸が半分くらいはだけたブロンド美女や子供を使うようになった。中でも多いのが子供を使う手口で、選手や関係者は彼らを「サイン小僧」と呼んで警戒する。

 去る16日(日本時間17日)、田中将大(25)が本拠地ニューヨークでの初勝利を挙げてからというもの、サイン小僧の数は急激に膨れ上がった。彼らの多くは、田中目当てだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る