マー君を狙うサイン小僧とブロンド美女…ヤ軍が警備員増検討

公開日:  更新日:

 メジャーでは選手のサインを売るやからが後を絶たない。
 連中は手に入れたサインボールを高値で売りさばく。例えばA・ロッドがヤンキース入りした04年の春先は、サインボール1個が約10万円で取引されたという。

 選手のサインを闇で売って儲けようというのだから、もちろん堅気ではない。しかし、だからといって、見るからにガラの悪そうなのが近づけば選手も警戒する。いつのころからか、彼らは胸が半分くらいはだけたブロンド美女や子供を使うようになった。中でも多いのが子供を使う手口で、選手や関係者は彼らを「サイン小僧」と呼んで警戒する。

 去る16日(日本時間17日)、田中将大(25)が本拠地ニューヨークでの初勝利を挙げてからというもの、サイン小僧の数は急激に膨れ上がった。彼らの多くは、田中目当てだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る