• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初登板黒星も…マー君も舌を巻くヤ軍黒田の「自己管理」

 ヤンキース・黒田博樹(39)が2日(日本時間3日)のアストロズ戦に登板。今季初マウンドは一回に先頭打者弾を浴びるなど、6回を3安打2失点、1四球、5三振で、負け投手となったものの、エース左腕のサバシアは好不調の波が激しかったため、ジラルディ監督は今季の実質的なエースに黒田を指名。開幕投手こそ左腕を起用したが、7日のオリオールズ戦での本拠地開幕試合を任せたことからも指揮官の期待の高さがうかがえる。

 ベテラン右腕は日米通算18年目のシーズンを前に「39歳で臨むシーズンだから、どうなるかわからない。不安や怖さは当然ある」と言いながらも、準備に抜かりはなかった。

■カープ時代より体が締まった

 昨季途中までは順調に白星を積み重ね、一時はサイ・ヤング賞候補に名を連ねながら、終盤に失速。年齢的なスタミナの衰えを最小限に食い止めるため、昨オフは連日の走り込み。その日の体調にもよるものの、少なくとも1日10キロのロードワークを欠かさなかった。昨季は疲労からフォームを崩すこともあっただけに、体の軸がぶれないよう腹筋、背筋などの体幹トレーニングをこれまで以上に積んだ。昨年末、久々に顔を合わせた広島の関係者が「カープにいた頃よりも体が引き締まっている」と驚いたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る