平昌五輪 キム・ヨナがコーチになって「打倒真央」も!?

公開日:  更新日:

 形を変えた“再戦”があるかもしれない。

 4日から韓国・ソウルで行われたキム・ヨナ(23)の現役最後となるアイスショーは6日、大盛況のうちに幕を閉じた。「国民の妹」と呼ばれるほど絶大なる人気を誇ってきたフィギュアの女王がリンクを去った。

 韓国ではすでに、今後のキム・ヨナの進路についてアレコレ取り沙汰されている。ヨナは3月に行われたファンとの集いで、「フィギュアは私の最も大きな長所で自信があるもの。指導者をしようと他に何をしようと、フィギュアは最後まで手放すことはないだろう」と語っていた。

 その集いでは、「これまで(指導者に)習ったこと、知っていることを後輩に伝えていきたい」とも言った。

 今後もテレビ出演やチャリティー活動などは続けていくだろうが、メーンは指導者として後輩の育成に励むというのが現実的だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る