日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅田真央も勝みなみも アスリート「15歳開花説」の謎解き

 単なる偶然なのか。
 高校1年生、勝みなみ(15)が女子プロゴルフ史上最年少で優勝。スポーツマスコミは大騒ぎしたが、近年は15歳で大きく花開くアスリートが多い。

 2月のソチ五輪スノーボード・ハーフパイプで銀メダルをとった平野歩夢、女子ジャンプワールドカップ(W杯)で2季連続個人総合優勝の高梨沙羅もW杯初優勝(山形・蔵王)は15歳だった。

 女子フィギュアの浅田真央が初出場のグランプリファイナルで優勝したのもそう。直後のトリノ五輪は年齢制限で出場できなかったことは記憶に新しい。そういえば、石川遼が史上最年少でツアー初優勝を飾ったのも15の時だった。なぜこれらの選手は、15歳という年齢で世間をあっと言わせるような成績を出せたのか。

■失うものなし

 石川遼のツアー初優勝に尽力し、数多くのジュニアゴルファーを見てきた吉岡徹治氏(代々木高ゴルフ部監督)は「この年齢は怖さ知らずですから」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事