浅田真央の「引退撤回」を画策するテレビ局の“商魂”

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートを取材する報道陣の最大の関心事は、いつ本人の口から「引退」の2文字が聞かれるかだという。

 ソチ五輪で6位に終わった浅田真央(23)がこの世界選手権でどんな演技をするか。そんなことより、進退に血眼になっているのだ。

 昨年来、浅田は一貫して「今季はスケーターとしての集大成」と公言。今季限りでの引退を決めていたはずだった。が、ソチ五輪後に「ハーフハーフ(半々)くらい」と発言を後退。現役続行をほのめかした。

 浅田の去就を巡ってはスポンサー企業やスケート連盟など周囲の思惑もある。本人の一存では決められないことが決断を遅らせているといわれるが、ここにきてテレビ局も、逡巡(しゅんじゅん)する浅田に必死のアプローチを行っているという。

■CMスポンサー3割増

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    中居正広がTVから消える? レギュラー2本に“消滅危機”情報

  4. 4

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  8. 8

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  9. 9

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  10. 10

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る