予算も地質も…前途多難な平昌五輪の救世主「浅田真央」

公開日: 更新日:

 27日のショートプログラム(SP)で完璧な演技をみせた浅田真央(23)。1万8000人近い大観衆のスタンディングオベーションに笑顔を見せたが、ソチの前には「バンクーバー五輪の悔しさを晴らすには、やっぱり五輪しかない」と語っていた。29日のフリーで逃げ切り優勝を果たしても心のモヤモヤが晴れることはないだろう。

 その真央が「出場するか否かに大会の成否がかかっている」とさえ言われているのが2018年開催の平昌五輪だ。

 韓国は初の冬季五輪開催に約90億ドル(約9000億円)の開催予算を組む。これは500億ドルを投入したソチの5分の1以下。設備投資が少ない上、現時点でボブスレーやリュージュの競技施設もない。アルペンスキーの滑降で使う山の標高差は最低条件の800メートルはどうにか確保できるものの、アルペンコースを造るには積雪量が少ない。「開催地を変更しろ!」なんて声も聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る