• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル「ノーヒッターあと1人」で見え隠れした味方の“不信”

 9日のレッドソックス戦の九回2死までノーヒットノーランをやりながら、右前打を浴びて快挙を逃したレンジャーズのダルビッシュ有(27)。

 昨年4月のアストロズ戦でもあと1人で完全試合を逃しただけに不運といわれるが、メジャー関係者の「自業自得」という指摘がある。

「七回の(二塁手と右翼手の)お見合いも、九回の右前打も、捕ろうと思えば捕れた当たり。あれがミスやヒットになったのは、ダルの日頃の言動や性格に起因するのではないか」(メジャー関係者)

 例えば七回のお見合いの直後、ダルは両ひざを折って悔しがり、グラウンドに唾を吐いた。あの時点で無安打が途切れたと思った怒りがそうさせたにせよ、感情を表に出すかどうかは別問題。ペッと唾まで吐くのは、ミスをした野手の傷口に塩を塗り込むようなものだということがわからないのだ。だからこそマウンド上でも平気で捕手をののしるし、文句も言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る