ダル「ノーヒッターあと1人」で見え隠れした味方の“不信”

公開日: 更新日:

 9日のレッドソックス戦の九回2死までノーヒットノーランをやりながら、右前打を浴びて快挙を逃したレンジャーズのダルビッシュ有(27)。

 昨年4月のアストロズ戦でもあと1人で完全試合を逃しただけに不運といわれるが、メジャー関係者の「自業自得」という指摘がある。

「七回の(二塁手と右翼手の)お見合いも、九回の右前打も、捕ろうと思えば捕れた当たり。あれがミスやヒットになったのは、ダルの日頃の言動や性格に起因するのではないか」(メジャー関係者)

 例えば七回のお見合いの直後、ダルは両ひざを折って悔しがり、グラウンドに唾を吐いた。あの時点で無安打が途切れたと思った怒りがそうさせたにせよ、感情を表に出すかどうかは別問題。ペッと唾まで吐くのは、ミスをした野手の傷口に塩を塗り込むようなものだということがわからないのだ。だからこそマウンド上でも平気で捕手をののしるし、文句も言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る