日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー入り後最短KO…ダル「ア軍に7連敗」の真相

「先発としてすごく悔しい。きょうみたいに早い回で降りるのは」

 レンジャーズのダルビッシュ(27)が淡々とこう言った。28日(日本時間29日)のアスレチックス戦は3回3分の1を6安打4失点。渡米後最短KOで、今季初黒星(1勝)を喫した。

 これで対アスレチックス戦は一昨年6月から7連敗。同地区のライバルに負け続けている。試合後のダルは「(自分に対して)いいアプローチをしている」とコメント。

 アスレチックスは日本でも公開された映画「マネーボール」で知られる強豪。昨年のチーム総年俸は30球団中27位。ビーンGMは限られた予算の中で選手をやりくり、昨年まで2年連続プレーオフに進出した実績がある。

 試合後にワシントン監督は、「ボール球に手を出してこなかった。狙いが徹底していた」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事