巨人新加入セペダ「いきなり4番」でチームに漂う不穏な空気

公開日: 更新日:

 前代未聞の大抜擢だ。巨人に新加入したキューバの主砲、フレデリク・セペダ(34)が、15日のヤクルト戦に先発出場。それも、いきなり「4番・左翼」でのデビューだから、東京ドームのスタンドもどよめいた。

「(来日して)3日しか経っていない。時差ボケもあるし、体が重たい」と、本人が試合後に吐露したように、12日に来日したばかり。ジャイアンツ球場でたった2日間練習し、この日一軍に合流した助っ人を、原監督は試合前練習を見る前に出場選手登録。巨人の「第80代」4番を与えたことに、チーム内ではこんな声が聞かれた。

「あの人ってキューバの“国賓”なんでしょ? いくら実績があるといっても、来たばっかりで打撃も守備も見ていないのに4番って凄いよね。“実力至上主義”は国賓には適用されないんですね。それだけの大物なんだろうけど……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る