日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人新加入セペダ「いきなり4番」でチームに漂う不穏な空気

 前代未聞の大抜擢だ。巨人に新加入したキューバの主砲、フレデリク・セペダ(34)が、15日のヤクルト戦に先発出場。それも、いきなり「4番・左翼」でのデビューだから、東京ドームのスタンドもどよめいた。

「(来日して)3日しか経っていない。時差ボケもあるし、体が重たい」と、本人が試合後に吐露したように、12日に来日したばかり。ジャイアンツ球場でたった2日間練習し、この日一軍に合流した助っ人を、原監督は試合前練習を見る前に出場選手登録。巨人の「第80代」4番を与えたことに、チーム内ではこんな声が聞かれた。

「あの人ってキューバの“国賓”なんでしょ? いくら実績があるといっても、来たばっかりで打撃も守備も見ていないのに4番って凄いよね。“実力至上主義”は国賓には適用されないんですね。それだけの大物なんだろうけど……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事