疲労はピークも 巨人アンダーソンの好調支える“真面目”気質

公開日: 更新日:

 9連戦の6試合目。原監督はこの連戦中、故障の不安や、調子の悪い主力に「休暇」を与えている。片岡は2試合連続で欠場。阿部とロペスも1試合ずつ休ませた。

 が、4番のアンダーソン(32)だけは例外だ。8日のDeNA戦もフェンス直撃打、2四球などで2打数1安打。7日に今季2本目の満塁弾を放つなど、打率.387で首位打者を独走、絶好調だからだ。

 しかしそんな4番は、両足に不安を抱えながらの出場が続いている。1日のヤクルト戦で「両足のハリ」を訴え、途中交代。この日も四回途中に左翼から一塁へ回った。首脳陣に足への負担を考慮されてのことだ。ある球団関係者は「慣れない人工芝の球場の試合が多いから下半身に負担がかかっている」とこう続ける。

「疲れもあるんだろうけど、両足がパンパン。来日するまでほとんど経験がなかったマッサージがお気に入りで、キャンプ中に『チームにマッサージのうまい先生がいるから助かっているんだ』と驚いて以来、すっかりハマっている。試合前後も時間さえあれば入念にやってもらって試合に出られている状態なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る