セペダとアンダーソンに引導を渡されそうな巨人・高橋由

公開日:  更新日:

始動したセペダに戦々恐々?

 キューバの大砲が巨人で始動した。

 12日に来日し、入団会見を行ったフレデリク・セペダ(34)が13日、早速ジャイアンツ球場で初練習。フリー打撃では右打席で42球、左打席で50球を打ち、50球のヒット性の当たりを放った。
「コンディション? いいよ。ここには野球選手に必要な環境がすべて揃っている」

 と、球場施設に感激していたこのセペダを原監督は、15日に東京ドームでの一軍練習に合流させるとしている。即一軍登録の可能性については、「ないわけではない。彼の力を探ろうなんて気持ちはさらさらない」と異例の早さでの一軍登録も示唆。起用法は「左翼一本」とし「実力至上主義という一点の中で強いチームであるために用兵を考えたい」と、盛んに「競争」を強調している。

 とはいえ、「それは表向き」と、セ・リーグのある首脳陣は、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る