• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

粘りの投球で3勝目 ロッテ藤岡が克服した「マイナス思考」

「一人一人集中して投げられたと思います。昨年まではピンチで打たれることが多かったんですけど、今は粘れています」

 25日の阪神戦。完投こそ逃したものの、八回途中2失点で3勝目を挙げた左腕は、交流戦負けなしのチーム6連勝に貢献してこう言い切った。プロ3年目。1年目から「将来のエース候補」と期待されながらも、過去2年の白星は計12勝止まり。原因は「弱いメンタル」だった。

 東洋大時代は、マウンド上で相手打者を見下す強気な投球をウリにしていたが、プロ入り後はまるで別人のように「萎縮」。特に、実績のある強打者が打席に立つと、「打たれてしまうのでは? 自分のせいで、チームに迷惑がかかる」と弱気になり、ボールが先行する逃げの姿勢を露呈した。同僚ナインからも「アイツ(藤岡)は投球ウンヌンより、まず気持ちの弱さを見せないようにすることが先。守っていても弱気になっているのがすぐわかるから」とボヤかれるほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る