粘りの投球で3勝目 ロッテ藤岡が克服した「マイナス思考」

公開日: 更新日:

「一人一人集中して投げられたと思います。昨年まではピンチで打たれることが多かったんですけど、今は粘れています」

 25日の阪神戦。完投こそ逃したものの、八回途中2失点で3勝目を挙げた左腕は、交流戦負けなしのチーム6連勝に貢献してこう言い切った。プロ3年目。1年目から「将来のエース候補」と期待されながらも、過去2年の白星は計12勝止まり。原因は「弱いメンタル」だった。

 東洋大時代は、マウンド上で相手打者を見下す強気な投球をウリにしていたが、プロ入り後はまるで別人のように「萎縮」。特に、実績のある強打者が打席に立つと、「打たれてしまうのでは? 自分のせいで、チームに迷惑がかかる」と弱気になり、ボールが先行する逃げの姿勢を露呈した。同僚ナインからも「アイツ(藤岡)は投球ウンヌンより、まず気持ちの弱さを見せないようにすることが先。守っていても弱気になっているのがすぐわかるから」とボヤかれるほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  10. 10

    巨人二軍監督に就任後 まず岡本を7番から4番に固定した

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る