• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

岩隈がブログで明らかに 首痛は球団トレーナーの“荒療治”

 首を痛めながら去る15日(日本時間16日)のレンジャーズ戦で5勝目(3敗)を挙げたマリナーズの岩隈久志(33)。首痛の原因は疲労や体調不良ではなく、球団トレーナーのマッサージだった。

 岩隈が自身のブログで「試合前のストレッチ中にチームのトレーナーが僕の首を触った瞬間に何かの弾みでグキッとなってしまい(後略)」と明かした。

 米国のトレーナーはケガを防止したり治療したりするどころか、選手を傷つけるのか。ある日本人メジャーリーガーによれば、「アメリカのトレーナーは治療やマッサージが雑な上に手荒」だ。

 例えば筋肉に張りが出た場合は、日本のトレーナーのようにマッサージするのではなく、患部を強引に引っ張ったり、叩くことも珍しくない。ウソかマコトか「血流を良くするため」という話もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事