15戦連続QSも 粘投マー君はスライダー冴えず2敗目喫す

公開日: 更新日:

 開幕から快進撃ともいえる働きを見せてきたルーキー右腕も、小休止といったところか。

 ヤンキース・田中将大(25)が22日(日本時間23日)のオリオールズ戦に登板し、7回を1本塁打含む6安打3失点、6三振、1四球で今季2敗目(11勝)を喫した。2回に前回4月9日の対戦で3ランを喫した8番スクープに先制のソロ。7回には2長短打と犠飛で2点を追加された。この日は打線の援護もなく、5月20日のカブス戦以来の黒星を喫した。

 デビュー戦から一度もローテーションを飛ばさず、故障者続出の投手陣を牽引してきただけに、疲労がピークに達しているのは想像に難くない。実際、直球の最速は151キロ止まりで、決め球のひとつであるスライダーのキレも冴えなかった。途中、これまで、ほとんど使わなかったカーブを織り交ぜるなど苦しい投球が続いた。自身の投球に納得いかず、マウンド上で何度となくぶぜんとした表情を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  8. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る