• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

15戦連続QSも 粘投マー君はスライダー冴えず2敗目喫す

 開幕から快進撃ともいえる働きを見せてきたルーキー右腕も、小休止といったところか。

 ヤンキース・田中将大(25)が22日(日本時間23日)のオリオールズ戦に登板し、7回を1本塁打含む6安打3失点、6三振、1四球で今季2敗目(11勝)を喫した。2回に前回4月9日の対戦で3ランを喫した8番スクープに先制のソロ。7回には2長短打と犠飛で2点を追加された。この日は打線の援護もなく、5月20日のカブス戦以来の黒星を喫した。

 デビュー戦から一度もローテーションを飛ばさず、故障者続出の投手陣を牽引してきただけに、疲労がピークに達しているのは想像に難くない。実際、直球の最速は151キロ止まりで、決め球のひとつであるスライダーのキレも冴えなかった。途中、これまで、ほとんど使わなかったカーブを織り交ぜるなど苦しい投球が続いた。自身の投球に納得いかず、マウンド上で何度となくぶぜんとした表情を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事