リーグ単独トップ11勝目 マー君が戦う「中4日の疲労」

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)が17日(日本時間18日)のブルージェイズ戦に登板。6回を1本塁打を含む5安打1失点、10三振、3四死球で11勝目(1敗)を挙げた。10勝で並んでいたブルージェイズのエース左腕バーリーを抜いてア・リーグ最多勝争いで単独トップに立った。

 一回、レイエスへの初球。甘く入った146キロの直球を右翼席に運ばれる先頭打者弾を浴びる。その後も毎回のように走者を許しながらも、要所を締めてつけ入る隙を与えない。

 下位打線にファウルでカットされて球数を費やし、苦しみながらも今季5試合目の2ケタ奪三振。強打のブルージェイズ打線を相手に粘りの投球を見せた。

 田中は順調に白星を積み重ねてきたが、決して順風満帆ではない。
 実は開幕から調整法に関して試行錯誤を繰り返している。メジャーの先発投手は通常、登板の3日前にブルペンで投球練習するのがルーティン。田中も投手コーチの指示に従ってブルペン入りするものの、その時の肩、肘の状態によって球数を20~40球の間で調整している。「中4日で登板するのに、毎回、力を入れてブルペンで投げられない」(田中)からだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る