• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リーグ単独トップ11勝目 マー君が戦う「中4日の疲労」

 ヤンキース・田中将大(25)が17日(日本時間18日)のブルージェイズ戦に登板。6回を1本塁打を含む5安打1失点、10三振、3四死球で11勝目(1敗)を挙げた。10勝で並んでいたブルージェイズのエース左腕バーリーを抜いてア・リーグ最多勝争いで単独トップに立った。

 一回、レイエスへの初球。甘く入った146キロの直球を右翼席に運ばれる先頭打者弾を浴びる。その後も毎回のように走者を許しながらも、要所を締めてつけ入る隙を与えない。

 下位打線にファウルでカットされて球数を費やし、苦しみながらも今季5試合目の2ケタ奪三振。強打のブルージェイズ打線を相手に粘りの投球を見せた。

 田中は順調に白星を積み重ねてきたが、決して順風満帆ではない。
 実は開幕から調整法に関して試行錯誤を繰り返している。メジャーの先発投手は通常、登板の3日前にブルペンで投球練習するのがルーティン。田中も投手コーチの指示に従ってブルペン入りするものの、その時の肩、肘の状態によって球数を20~40球の間で調整している。「中4日で登板するのに、毎回、力を入れてブルペンで投げられない」(田中)からだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る