観客動員10%増! ヤ軍の救世主マー君「集客」にも大貢献

公開日:  更新日:

 戦力だけでなく、営業上のメリットも少なくない。メジャートップの11勝(1敗)をマークしているヤンキース・田中将大(25)が集客にも貢献している。

 今季、34試合を消化した時点(18日終了時)の本拠地ヤンキースタジアムの観客動員数は126万3379人。1試合平均3万7158人。田中が地元で登板した7試合は計28万9860人。1試合当たり約4万1400人の集客があり、球団平均を大幅に上回っている。

 長らく主将を務めてきたデレク・ジーター内野手(39)が今季限りでの引退を表明。メジャーを代表するスター選手の最後の雄姿を目に焼き付けるのはもちろん、開幕から快進撃を続けるルーキー右腕見たさに球場に足を運ぶファンは少なくないのだろう。

 今季のヤンキースは開幕時の先発ローテーション投手が3人も離脱。一時は緊急事態に陥ったが、田中が孤軍奮闘を続けてきた。

 期待通りの働きをする上に、ビジネスでも多大なメリットをもたらす田中は、まさにヤンキースの救世主だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る