• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

観客動員10%増! ヤ軍の救世主マー君「集客」にも大貢献

 戦力だけでなく、営業上のメリットも少なくない。メジャートップの11勝(1敗)をマークしているヤンキース・田中将大(25)が集客にも貢献している。

 今季、34試合を消化した時点(18日終了時)の本拠地ヤンキースタジアムの観客動員数は126万3379人。1試合平均3万7158人。田中が地元で登板した7試合は計28万9860人。1試合当たり約4万1400人の集客があり、球団平均を大幅に上回っている。

 長らく主将を務めてきたデレク・ジーター内野手(39)が今季限りでの引退を表明。メジャーを代表するスター選手の最後の雄姿を目に焼き付けるのはもちろん、開幕から快進撃を続けるルーキー右腕見たさに球場に足を運ぶファンは少なくないのだろう。

 今季のヤンキースは開幕時の先発ローテーション投手が3人も離脱。一時は緊急事態に陥ったが、田中が孤軍奮闘を続けてきた。

 期待通りの働きをする上に、ビジネスでも多大なメリットをもたらす田中は、まさにヤンキースの救世主だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る