ダル「選んでもらえるなら観光に」…注目される球宴への姿勢

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が球宴出場に関して注目発言である。

 監督推薦、選手間投票での選出が有力視される中、登板に消極的な姿勢を見せたのだ。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」など複数の米メディアが26日(日本時間27日)に報じたところによれば、球宴で登板する可能性を聞かれたダルは「NO」と英語で答えた後、通訳を通じて「選んでもらえるなら観光に行きたい」と冗談交じりに話したという。

 ダルの次回登板予定は28日のツインズ戦。ローテーション通りなら、7月13日のエンゼルス戦が前半戦最後の登板となり、2日後に球宴のマウンドに上がるのは不可能だ。

 一昨年までは故障防止のため、前半戦の最終戦に登板した投手は球宴での投球を規定で禁止されていた。その規定は昨年、変更され、本人が希望すれば、登板が可能になった。ダルは過去2年連続で選出されながら、ローテーションの関係で登板を免除された。が、今年、ワシントン監督はファンサービスのためにも「1イニング、20球程度なら問題ない」と登板させたい意向を明かしている。

 中1日では確かに厳しいとはいえ、3年連続で登板しなければ、ダルの姿勢が問題視されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る