ダル「選んでもらえるなら観光に」…注目される球宴への姿勢

公開日: 更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が球宴出場に関して注目発言である。

 監督推薦、選手間投票での選出が有力視される中、登板に消極的な姿勢を見せたのだ。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」など複数の米メディアが26日(日本時間27日)に報じたところによれば、球宴で登板する可能性を聞かれたダルは「NO」と英語で答えた後、通訳を通じて「選んでもらえるなら観光に行きたい」と冗談交じりに話したという。

 ダルの次回登板予定は28日のツインズ戦。ローテーション通りなら、7月13日のエンゼルス戦が前半戦最後の登板となり、2日後に球宴のマウンドに上がるのは不可能だ。

 一昨年までは故障防止のため、前半戦の最終戦に登板した投手は球宴での投球を規定で禁止されていた。その規定は昨年、変更され、本人が希望すれば、登板が可能になった。ダルは過去2年連続で選出されながら、ローテーションの関係で登板を免除された。が、今年、ワシントン監督はファンサービスのためにも「1イニング、20球程度なら問題ない」と登板させたい意向を明かしている。

 中1日では確かに厳しいとはいえ、3年連続で登板しなければ、ダルの姿勢が問題視されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る