“絶対的エース”ダル メジャー3年目でも完封「0」のなぜ

公開日: 更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)はメジャーで永遠に完封できないのではないか。
 5勝目を挙げた1日(日本時間2日)のナショナルズ戦(ワシントン)は九回に代打を送られ降板。先発投手の目安である100球(102球)に到達していたとはいえ、調子から判断すれば、九回のマウンドを託されても不思議ではなかった。

 本人も完封を意識していたのは明らかだった。八回2死としたところで99球に達したため、マウンド上でワシントン監督から降板を告げられたのだろう。首の張りで5月27日のツインズ戦をドタキャンしただけに、指揮官に厳しい表情で拒否。続投を志願したものの、九回のマウンドには上がれなかった。

■マー君も経験済み

 メジャーでは完封は重視されない。リリーフの役割が細分化され、先発はローテを守って投げることが何より大切だ。それでも田中、黒田(ヤンキース)の2人には完封経験があるし、移籍当初は球数が多かった松坂(現メッツ)ですらレッドソックス時代の07年に完投勝利をマークしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る