• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“絶対的エース”ダル メジャー3年目でも完封「0」のなぜ

投稿日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)はメジャーで永遠に完封できないのではないか。
 5勝目を挙げた1日(日本時間2日)のナショナルズ戦(ワシントン)は九回に代打を送られ降板。先発投手の目安である100球(102球)に到達していたとはいえ、調子から判断すれば、九回のマウンドを託されても不思議ではなかった。

 本人も完封を意識していたのは明らかだった。八回2死としたところで99球に達したため、マウンド上でワシントン監督から降板を告げられたのだろう。首の張りで5月27日のツインズ戦をドタキャンしただけに、指揮官に厳しい表情で拒否。続投を志願したものの、九回のマウンドには上がれなかった。

■マー君も経験済み

 メジャーでは完封は重視されない。リリーフの役割が細分化され、先発はローテを守って投げることが何より大切だ。それでも田中、黒田(ヤンキース)の2人には完封経験があるし、移籍当初は球数が多かった松坂(現メッツ)ですらレッドソックス時代の07年に完投勝利をマークしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る