• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“絶対的エース”ダル メジャー3年目でも完封「0」のなぜ

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)はメジャーで永遠に完封できないのではないか。
 5勝目を挙げた1日(日本時間2日)のナショナルズ戦(ワシントン)は九回に代打を送られ降板。先発投手の目安である100球(102球)に到達していたとはいえ、調子から判断すれば、九回のマウンドを託されても不思議ではなかった。

 本人も完封を意識していたのは明らかだった。八回2死としたところで99球に達したため、マウンド上でワシントン監督から降板を告げられたのだろう。首の張りで5月27日のツインズ戦をドタキャンしただけに、指揮官に厳しい表情で拒否。続投を志願したものの、九回のマウンドには上がれなかった。

■マー君も経験済み

 メジャーでは完封は重視されない。リリーフの役割が細分化され、先発はローテを守って投げることが何より大切だ。それでも田中、黒田(ヤンキース)の2人には完封経験があるし、移籍当初は球数が多かった松坂(現メッツ)ですらレッドソックス時代の07年に完投勝利をマークしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る