“絶対的エース”ダル メジャー3年目でも完封「0」のなぜ

公開日: 更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)はメジャーで永遠に完封できないのではないか。
 5勝目を挙げた1日(日本時間2日)のナショナルズ戦(ワシントン)は九回に代打を送られ降板。先発投手の目安である100球(102球)に到達していたとはいえ、調子から判断すれば、九回のマウンドを託されても不思議ではなかった。

 本人も完封を意識していたのは明らかだった。八回2死としたところで99球に達したため、マウンド上でワシントン監督から降板を告げられたのだろう。首の張りで5月27日のツインズ戦をドタキャンしただけに、指揮官に厳しい表情で拒否。続投を志願したものの、九回のマウンドには上がれなかった。

■マー君も経験済み

 メジャーでは完封は重視されない。リリーフの役割が細分化され、先発はローテを守って投げることが何より大切だ。それでも田中、黒田(ヤンキース)の2人には完封経験があるし、移籍当初は球数が多かった松坂(現メッツ)ですらレッドソックス時代の07年に完投勝利をマークしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  8. 8

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  9. 9

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る