• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ようやく“理想の女房”に出会えたが…ダル7失点で3敗目

投手の引き立て役に徹する

「僕の好きなように投げさせてくれるし、やりやすい」
 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が、最近バッテリーを組むクリス・ジメネス(31)についてこう言っている。

 正捕手のソトがオープン戦で右半月板を痛めて故障者リスト(DL)入り。ここまでチリノス、アレンシビアと女房役が代わり、ダルがバッテリーを組むのはジメネスで3人目。6月に入ってからの3勝は、いずれもジメネスとのコンビによるものだ。

 ジメネスはダルよりも4歳上ながらメジャー実績は乏しく、これまで4球団を渡り歩いた。2番手捕手のアレンシビアが打撃不振でマイナー落ちして以降は正捕手の座を奪おうと、投手陣のビデオで配球を研究するなど努力を怠らないという。

 ジメネスは米メディアに対して「投手が気分よく投げられるようにするだけ」と謙虚な姿勢を崩さない。この謙虚さこそダルにとっては最適なのだという。なぜなら自分の組み立て通りの投球ができるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事